WILDSWANS(ワイルドスワンズ)のバッグ - 日本のレザーアイテムブランド・WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の魅力

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)のバッグ

革のバッグはワンランク上のアイテム。
いつかは持ちたい憧れの高級品でもあります。
WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の革バッグは耐久性もあり、まさに一生物。
使い込むことで光沢が出て、色合いに味が出てきます。
その中でも特にWILDSWANSならでのデザインをしているのがCIRCULO(サーキュロ)とDRUCKER(ドラッカー)です。
どちらもWILDSWANSではおなじみであるサドルプルアップレザーを使用しており、使い込むことで光沢がでるという特徴があります。

CIRCULO(サーキュロ)は、WILDSWANSの代表的なビジネスバッグです。
いつも直営店内の特等席に置いてあるので、行く度に眺めています。
一般的なビジネスバッグより大きめのサイズで、いつ見ても存在感があります。
今まで革のバッグはおじさん臭い、というイメージがありましたが、これは別物です。
革ならではの高級感を持ちつつ、若々しい印象を受けるバッグです。

DRUCKER(ドラッカー)は大人のトートバッグです。
そのデザインで一目ぼれしてしまったのが「DRUCKER」です。
一般的な革バッグのイメージと全く違って柔らかいフォルムのトートバッグです。
肩から下げられる長めの持ち手なので、上着を着ていても楽に腕が通せます。
また、バッグ側面のストラップを調整すると大きさを変えることができ、A4サイズの書類も楽に入ります。

革のバッグを持つのはまだ早いかなと思っても、使い込めばちょうど味が出てきた頃にいい歳になっているはずです。
これぞ、と思うバッグと出会ったら、思い切って手にしてみるのも良いかもしれません。