WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の財布 - 日本のレザーアイテムブランド・WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の魅力

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の財布

ブランド設立当初は財布に特化していたということだけあって、WILDSWANS(ワイルドスワンズ)といえば財布のイメージがあります。
革財布の価格としては平均的な3万円から6万円代です。

どの財布のコバも角1つなく、とてもとてもなめらかに仕上げられています。
そして財布外周のコバから内側のカードポケット1つ1つのコバの細かい所まで磨きがかかっています。
全体として丸みのあるデザインで、女性にも人気があります。

WILDSWANSの財布といえば、TONGUE(タング)、WAVE(ウェイブ)、BYRNE(バーン)の3つが挙げられるでしょう。
この3つは直営店のC.O.U.でパターンオーダーも行っており、自分の好きなカラーと革を選んで注文することできます。

TONGUE(タング)は定番中の定番です。
WILDSWANSの原点ともいえるコインケースです。
コードバンという硬い革を使用しているため、使い始めはごわごわしますが、使っているとくったりなじみます。
中にある仕切りの革が舌のように見えることからこの名がついています。

WAVE(ウェイブ)はWILDSWANSならではのフラップデザインをもつ長財布です。
素材や耐久性はもちろんですが、この財布に言えることは「大容量」。
一万円札の長さより一回り大きく作られています。
小銭入れもマチがあるタイプなので、余裕があります。
そしてパスポートも入るほどの包容力!
一つの財布でまとめたい、という人にはお勧めです。

BYRNE(バーン)は3つ折りタイプの財布です。
こちらもサドルアップレザーで作られているため、3つ折りの財布にしては厚みがあります。
ずっしりとした重量感がいかにも革の財布といった感じです。
三つ折りタイプには珍しく、カードがたくさん入ります。
中に5段ポケットがついていますが、その裏にもさらにポケットがあります。
ポケットごとにレシートや切符を仕分けられるので便利です。

これらの財布には自分でコバのメンテナンスが出来るよう、木製のコバ磨きSLICKER(スリッカー)が付属しています。
1年ほど使ってみて、コバのなめらかさが無くなってきた場合、これで磨くとまたなめらかさが復活します。
SLICKER自体もおしゃれなデザインなので、眺めて得した気分になります。